イデア・パートナーズ法律事務所
5つのアメリカ永住権取得方法

アメリカ永住権(グリーンカード)とは?

米国への出入国は自由で、滞在にも期限がなく、職業も自由に選択できるビザです。

日本では永住権またはグリーンカードと呼ばれていますが、 その他にLPR(Lawful Permanent Resident)またはPR(Permanent Resident)ビザとも呼ばれます。
またグリーンカードとしての名前の由来は1940年代当初に採用されたカードの色がグリーン(現在は白)だったことに起因します。永住権を取得することで、米国人とほぼ同様と恩恵を得る事ができ永久に滞在することも可能になます。しかし永住権はあくまでもビザであり国籍ではございませんので、投票権や一部の公的な職に就くことはできません。また、永住権を申請する場合、ご本人だけではなく配偶者および21才未満の未婚の子供も同時に申請が可能となります。

5つのアメリカ永住権取得方法

現行の移民法による永住権を取得する方法は大別すると以下の5つがあります。

永住権取得方法 取得までの期間
1 約1年
2 約2年(※応募期間も含む)
3 2年以上
4 2〜3年
5 2〜5年

1. 配偶者(結婚)・家族

(1) 米国籍者の直近親族を持つ配偶者、子供、両親、兄弟、姉妹が対象者となります。

  • 配偶者:
    結婚後2年を経過していない場合は条件付き(2年間の期限付き)永住権となります。
    現在では取得までの期間が永住権スポンサーの状況により異なりますが、約1年掛かっております。
  • 子供:
    21才未満の未婚の子女:配偶者と同じ期間で永住権を取得することは可能です。
    21才以上の未婚の子女:約7年取得まで期間がかかっております。
    年齢に関係がなく既婚の子女:約12年取得まで期間がかかっております。
  • 両親:
    米国籍者である子供が既に21才に達していれば両親の申請が可能。順番を待つことなく取得可能です。
    しかし金銭的保証立証が必要となります。
  • 兄弟姉妹:
    米国籍者の兄弟および姉妹も申請可能ですが、現在では取得までの期間が13年掛かっております。

(2) 永住権保持者の親族を持つ配偶者、未婚の子供が対象者となります。

  • 配偶者:
    結婚後移民局へ申請をしてから約2年取得まで期間がかかっております。
  • 子供:
    21才未満の未婚の子女:約2年取得まで期間がかかっております。
    21才以上の未婚の子女:約7年取得まで期間がかかっております。

ページTOPへ

2. DV抽選永住権

DV抽選永住権は年に一度の抽選によってアメリカ永住権(グリーンカード)を取得する方法です。

DV抽選永住権は協力弁護士であるジーン・マクナリーが移民局長官就任時に施行したプログラムです。

DV抽選永住権の受付は約1か月間(例年秋口ごろ)と短い期間です。当事務所では政府より開催時期の発表があり次第、
予約申込み(無料)にご登録された方へメール配信にていち早くお知らせいたします。

抽選は米国国務省が指定する特定の期間中に申請書を提出した応募者の中から、K.C.センター(Kentucky Consular Center)のコンピューターにより無作為に抽出する方法をとっております。

世界を6つの地域(アフリカ、アジア、ヨーロッパ、北米、南米とオセアニア)に分け、過去5年間において移民ビザの発給が少ない国を限定して、計50,000件の移民ビザ(永住権・グリーンカード)が発給されます。

その他の方法での永住権取得に比べ、はるかに緩やかな条件のため多くの方が参加されております。
反面、申請方法や書類不備などで、せっかく当選されても永住権取得が無効となってしまうケースも多く見られますので、
慎重に応募や申請を進めていく必要があります。

現在当事務所では、DV抽選永住権の予約申込み(無料)を受付けております。
ご登録された方には最新情報をメールニュースにていち早くご報告させて頂きます。
又、正式にDV抽選開催が発表された後、抽選応募書類一式をメール又は郵送にて送付いたしますので、
ご興味のある方は、DV抽選永住権サイトをご覧下さい。

応募代行サービスの詳しいご案内はこちら

応募代行サービスの無料予約はこちら

ページTOPへ

3. 米国への投資(EB-5)

●EB-5 永住権カテゴリー(メインカテゴリー)

このカテゴリーは「EB-5投資家永住権プログラム」と呼ばれ、米国内における地域(企業)の発展と雇用の促進を目的として作られています。家族や企業などのスポンサーも必要とせず、自身の投資により永住権の取得が可能です。また、英語力やビジネスキャリア、学歴なども問われない他、一回の投資により配偶者と21歳未満の未婚のお子様全員が一度に永住権申請を行うことができます。キーとなる規定は米国内の新規企業あるいは再建企業に100万ドル以上の投資を行い、2年以内に10名の米国人従業員を直接的に雇用しなければなりません。

●EB-5永住権プログラム(期間限定優遇プログラム)

※このプログラムは、現在最も注目を浴びている永住権プログラムです。
   日本国籍者を含む多くの方々がこの方法により永住権を取得され移住を実現されております。

  • EB-5地域センタープログラム(期間限定優遇プログラム)
    このプログラムはEB-5メインカテゴリーに比べ規定が緩和されたプログラムであり、世界で最も注目されているプログラムです。移民局により雇用促進地域と認められた地域センター(Regional Center)内の投資であれば、投資額50万ドルで永住権の申請が出来るという優遇措置が取られています。また、この特別規定(地域センタープログラム)であれば、雇用面においても直接雇用の他、間接雇用も認められていますので、メイン規定に比べとても利用し易いプログラムとなっております。投資先は米国内の不動産や事業など多岐に渡っており、投資先によっては永住権の取得のみならず資産運用も可能であることから人気のあるカテゴリーです。現在、日本を含め世界各国から大勢の移民投資家がこのプログラムによる永住権申請を行っており、毎年1万件がEB5カテゴリー枠として割当てられ、そのうちの5,000件が地域センタープログラム枠に当てられております。
  • EB-5地域センタープログラム現在までの経緯
    この地域センタープログラムは1991年に施行されましたが、1998年突然に中断(5年間)されました。 その後、再び2003年9月に施行され、数回延長の後、2012年9月末で終了予定でしたが、オバマ大統領が再度延長決議に署名し3年間の延長が確定致しました。
    ご注意としまして、EB-5法は時限立法となります。この法律が終了した場合は、その後永住権の申請が不可能となりますので、このリスク回避をご希望の方は、お早目に永住権申請手続きを開始されることをお勧めいたします。
  • 申請期間
    2年以上
  • 現存するEB-5投資プログラム
    現在において、永住権取得のみではなく収入(配当)も伴う非常に優れたプログラムが開発されており、世界中から多くの参加希望者がこのプログラムを通して永住権を取得している。

EB5永住権プログラムの詳しいご案内

資料のご請求はこちら

ページTOPへ

4. 自己の才能、能力

●EB-1ビザ:

このビザの資格を有する個人カテゴリーには以下の3種類があります。

  1. EB-1-1 国内あるいは世界的に有名であると証明できる「並外れた才能」を持つ人。
    (科学、芸術、教育、事業、スポーツにおいて)
  2. EB-1-2 「傑出した教授、研究家」および「世界に認められている人」
    ※スポンサーが必要となります。
  3. EB-1-3 企業の役員もしくは管理職で、その企業に過去3年の内1年以上役員もしくは管理職として雇用され、
    同様の業務を米国内の親会社、支社、系列会社、子会社に提供するために米国に移転できる人。
    ※Lビザから変更するケースが多いですがEビザでも条件を満たせば取得可能です。

また、ご家族にも永住権(グリーンカード)が発行されます。

●EB-2ビザ:

このビザは高等学位(修士、博士、等)を持つ専門家を対象としたもので、科学、芸術、事業のいずれかにおいて特殊な能力を持ち、米国移住することで米国経済、文化および米国の厚生に貢献すると認められれば永住権(グリーンカード)が発給されます。ご家族にも永住権(グリーンカード)が発行されます。

●EB-3ビザ:

このビザは特殊技術を持つ専門家を対象としたもので、 この「専門的職業」とは該当する専門分野において学士号を持つ人。「技術を持つ労働者」とはこの特殊職業の少なくとも2年以上の訓練あるいは経験を持つ人。
米国雇用者は「上記の能力を持つ米国労働者がいない」ということを証明しなければなりません。ご家族にも永住権(グリーンカード)が発行されます。


ページTOPへ

5. 米国の雇用先(スポンサー)のサポート

上記のEB-1-2, EB-1-3, EB-3が該当します。(但し、例外もあります)

【要確認】
自身の能力が米国益として認可されるか明確で無い場合は時間をセーブするため雇用主のいらない他の永住権カテゴリーとの同時申請も可能です。


ページTOPへ

ビザ・永住権相談

弁護士がご状況を総合的に分析し、アメリカビザ・永住権取得や入国に関する個別の課題や可能性を明確にした上で、取得可能性の高いビザの種類の提案や申請における注意点などをアドバイス致します。
また、ビザを取得せずにアメリカに入国できるかどうか(ESTAに関するご相談)についても対応致します。
本相談の後、「ビザ・永住権申請サポート」に進まれる、あるいはご自身でビザ申請されることも可能です。

ビザ申請の却下や入国のトラブルは、将来のビザ申請・米国滞在の可能性に影響を及ぼす深刻な問題です。
弁護士のサポートを経てビザ取得の可能性を高めること、申請却下や入国拒否の危険を回避することは、渡米を真剣にお考えの全ての皆様にとって有益なサポートとなります。 

このようなご相談にお応えします

  • ビザや永住権を取得できるか可能性を知りたい
  • どの永住権カテゴリーが自分に適しているか知りたい
  • 永住権申請にあたって自分の状況・条件に問題がないことを確認したい
  • 永住権申請の却下を回避したい
  • より確実かつ効率的にビザを取得する方法を知りたい
  • 永住権が却下されて困っている
  • 永住権取得の障害となる問題(入国拒否、オーバーステイなどのビザトラブル、逮捕歴など)があり、困っている
  • 既に他の弁護士やコンサルタントにアドバイスを受けたが、セカンドオピニオンを求めている

ビザ申請サポートとは?

ビザ・永住権相談サービス

ページTOPへ

アメリカビザ・永住権取得支援サイト U.S. VISA

アメリカビザ情報 アメリカビザ申請基礎知識 l アメリカビザ種類と解説 l ビザ却下のリスクとは? l アメリカビザよくある質問 l ビザ解説書ダウンロード移住・永住権(グリーンカード)関連 アメリカ移住・永住の方法 l 5つの永住権取得方法 l EB-5投資永住権プログラム l 永住権よくある質問トラブル関連(ビザ却下・入国拒否・犯罪歴等) トラブルでお困りの方 l 渡航認証拒否 l トラブルよくある質問取扱業務 取扱業務一覧 l ビザ・永住権相談 l 弁護士申請サポート l DV 抽選永住権応募代行 l 無料サービス一覧  l 無料相談・質問 l EB-5永住権・個別相談 l メールニュース l お問い合わせイデア・パートナーズ法律事務所について l ご挨拶 l 弁護士紹介 l 事務所概要 l アクセス l プライバシーポリシーサイトマップ

弁護士法人イデア・パートナーズ法律事務所
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-2-6 エビスファイブビル
Phone:(03)6416-5662 / Fax:(03)6416-5663 / メールはこちら

Copyright (C) イデア・パートナーズ法律事務所. All Rights Reserved.  無断転写・転載を禁じます