イデア・パートナーズ法律事務所
アメリカビザ よくある質問
  • アメリカビザQ&A
  • 法人向けQ&A
  • ビザトラブルQ&A
  • 永住権Q&A

1. 一般的な質問

  •  ビザを申請して却下を受けてしまいました。その場合、アメリカに入国できるのでしょうか?
  • 絶対に不可能というわけではありませんが、非常に難しく、入国拒否に遭う可能性もあります。先ず、現在登録済みの渡航認証がある場合でも、ビザ却下を受けると状況が変化しておりますので、再登録が必要です。万が一、今回のビザの却下の理由により渡航認証の申請の結果が拒否となった場合は、残念ながら今後は1日の観光目的であっても目的にあったビザが必要になります。また、渡航認証の拒否のステータスでビザ却下を受けますと状況が更に悪化しアメリカに入国する為の最終手段を失うことになります。事前に専門家への相談をご検討ください。

  • ビザ申請の却下の理由で多いのは、アメリカ移民法の214b(アメリカに住み着く恐れがあるとの判断)です。新移民法の成立により、アメリカ大使館もアメリカ移民局もこれまで以上に不法滞在者や不法就労者の取締を強化しています。 もし、あなたがこの214bで却下されている場合、今後もアメリカ移民局の審査官が「アメリカに住み着く恐れのある外国人」の入国を許可するとは考えにくいことです。 従って、ビザの発給、つまり大使館の領事の採決を覆さない限り、入国は難しいといえるでしょう。 もちろん、214b以外の理由によるビザの却下の場合も、同様に移民審査官は見過ごすことはないので、リスクはあります。 もし、あなたが1度でもビザを却下されたのでしたら、まず却下の理由をつきとめて適切な対応をとる必要があります。


アメリカビザに関するお問い合わせは無料相談をご利用ください

お電話によるご相談03-6416-5662

無料メール相談フォーム

弁護士サポート

  • ビザ・永住権相談 弁護士がご状況を総合的に分析し、アメリカビザ・永住権取得や入国に関する個別の課題や可能性を明確にした上で、取得可能性の高いビザの種類の提案や申請における注意点などをアドバイス致します。
    ビザ・永住権相談
  • 弁護士申請サポート ビザ・永住権相談を踏まえ、米国移民弁護士の協力のもと、当事務所がビザ・永住権申請及び申請結果が出るまでフォロー致します。
    当事務所は、相談結果を踏まえ、ビザ・永住権申請に向けて必要な書類の収集・作成等を行い、皆様のビザ・永住権申請をサポート致します。
    弁護士申請サポート
  • DV 抽選永住権応募代行サービス DV抽選永住権は、年に一度の抽選によってアメリカ永住権を取得する方法です。
    DV抽選永住権プログラムは、ジーン・マクナリー弁護士※の移民局長官就任時に施行されたプログラムです。
    DV抽選永住権応募サポート
  • アメリカ移住永住の方法アメリカ永住権を、効率よく、より確実に取得するためのプログラム。アメリカに「移住したい」「長期滞在したい」「働きたい」「親子留学したい」とご希望の方々に、米国永住権取得プログラムをご紹介します。
    アメリカ移住・永住の方法

ページTOPへ

アメリカビザ・永住権取得支援サイト U.S. VISA

アメリカビザ情報 アメリカビザ申請基礎知識 l アメリカビザ種類と解説 l ビザ却下のリスクとは? l アメリカビザよくある質問 l ビザ解説書ダウンロード移住・永住権(グリーンカード)関連 アメリカ移住・永住の方法 l 5つの永住権取得方法 l EB-5投資永住権プログラム l 永住権よくある質問トラブル関連(ビザ却下・入国拒否・犯罪歴等) トラブルでお困りの方 l 渡航認証拒否 l トラブルよくある質問取扱業務 取扱業務一覧 l ビザ・永住権相談 l 弁護士申請サポート l DV 抽選永住権応募代行 l 無料サービス一覧  l 無料相談・質問 l EB-5永住権・個別相談 l メールニュース l お問い合わせイデア・パートナーズ法律事務所について l ご挨拶 l 弁護士紹介 l 事務所概要 l アクセス l プライバシーポリシーサイトマップ

弁護士法人イデア・パートナーズ法律事務所
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-2-6 エビスファイブビル
Phone:(03)6416-5662 / Fax:(03)6416-5663 / メールはこちら

Copyright (C) イデア・パートナーズ法律事務所. All Rights Reserved.  無断転写・転載を禁じます