イデア・パートナーズ法律事務所
渡航認証の拒否でお困りの方

渡航認証の拒否を受けるとビザ無しでのアメリカ入国が出来ません。
今後は1日の観光目的であってもビザが必要になります。

渡航認証拒否の画像はこちら→

この状況を解決するには

Answer目的にあったビザを取得することで、渡米は可能となります。例えばハワイへ観光をされる場合は、観光ビザを取得されなければなりません。
しかしながら、アメリカへ入国する為の最終手段であるビザが却下されますと今後出張あるいは単なる空港での乗り継ぎであってもアメリカに入国する事ができなくなり状況が複雑化しますので、ビザ却下を回避し万全な状況で申請される事をお勧め致します。

ビザ却下を回避し万全な状況で申請する方法

ビザ申請を成功させるためには、先ず渡航認証を拒否された理由を明確にすることが先決です。
理由が判明した上で、それを補うための書類を作成し適切な申請をすることが重要です。
拒否の内容にもよりますが、一般的にアメリカ大使館が要求している書類は、問題がない方を対象にした最低限の書類となりますので、通常はこれらの書類だけでは、渡航認証拒否理由を払拭する書類としては不十分です。

無料相談・質問はこちら

専門家による解決をご希望の場合は、ビザ・永住権相談をお受け下さい。

渡航認証拒否後、ビザ申請が仮に却下となりますとアメリカへ入国をする手段を失うことになりかねません。
より確実な申請をご希望の場合は、ご相談ください。
ビザ・永住権相談にて承っております。

ビザ・永住権相談の詳細はこちら

ページTOPへ

アメリカビザ・永住権取得支援サイト U.S. VISA

アメリカビザ情報 アメリカビザ申請基礎知識 l アメリカビザ種類と解説 l ビザ却下のリスクとは? l アメリカビザよくある質問 l ビザ解説書ダウンロード移住・永住権(グリーンカード)関連 アメリカ移住・永住の方法 l 5つの永住権取得方法 l EB-5投資永住権プログラム l 永住権よくある質問トラブル関連(ビザ却下・入国拒否・犯罪歴等) トラブルでお困りの方 l 渡航認証拒否 l トラブルよくある質問取扱業務 取扱業務一覧 l ビザ・永住権相談 l 弁護士申請サポート l DV 抽選永住権応募代行 l 無料サービス一覧  l 無料相談・質問 l EB-5永住権・個別相談 l メールニュース l お問い合わせイデア・パートナーズ法律事務所について l ご挨拶 l 弁護士紹介 l 事務所概要 l アクセス l プライバシーポリシーサイトマップ

弁護士法人イデア・パートナーズ法律事務所
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-2-6 エビスファイブビル
Phone:(03)6416-5662 / Fax:(03)6416-5663 / メールはこちら

Copyright (C) イデア・パートナーズ法律事務所. All Rights Reserved.  無断転写・転載を禁じます