イデア・パートナーズ法律事務所
弁護士申請サポート

弁護士申請サポートでは、アメリカビザ永住権申請をサポート

  • 弁護士申請サポートの特長
  • この様なご要望・ご相談にお応えします
  • サービス内容
  • サービスの流れ
  • 弁護士紹介
  • サービス費用
  • 申込み手続き
  • ご利用の際の注意

サービスの特長

メリット1弁護士がしっかりとプランニングすることから始めるため、より確実かつ最短の道でビザを取得することが可能です。
まず始めにビザ・永住権相談をお受けいただきます。

弁護士がご状況を総合的に分析し、アメリカビザ・永住権取得や入国に関する個別の課題や可能性を明確にした上で、取得可能性の高いビザの種類の提案や申請における注意点などをアドバイス致します。

これにより不必要な手間やミスを回避し、効率よくビザ申請を行う事が可能になります。
メリット2ビザ申請手続きに進まれる前に、申請方針および費用を提案いたします。
ビザ・永住権相談での内容に基づき、ビザ申請の方針および費用を提案させていただきます。
提案にご了承いただけた場合は、弁護士申請サポートの費用をお支払いいただき、申請手続きを開始します。

提案にご了承いただけない方、現時点でのビザ取得は困難であると診断された方は、ビザ申請手続きに進まずに終了することが可能です。
メリット3ビザ申請準備から取得後のケアまで、全面的にサポートいたします。
申請フォームの作成や翻訳といった申請準備、申請書類の確認、ビザ申請手続き、ビザの受領、ビザ取得後の注意点の案内など、アメリカビザ申請に関連する一連のプロセスを全面的にサポートいたします。
メリット4ビザ面接前に領事との面接対策を行います。
大使館での面接前に当事務所の担当と一緒に領事との面接対策を行ないます。
これにより応対によるミスを回避することができビザ取得の可能性が高まります。
メリット5事前に提示させていただく費用の額を上回ることはありませんので、安心してご利用いただけます。
海外の弁護士事務所では、相談にかかる時間によって料金を請求する形が一般的ですが、当サービスでは、固定の定額システムを採用しております。結果報告時に提示させていただく費用を上回ることはございませんので、安心して当サービスをご利用いただくことが可能です。
メリット6当事務所が日本語できめ細やかな対応をいたします。
あなたとのやりとりは全て当事務所が対応させていただき、複雑な移民法も日本語でわかりやすく説明いたします。
海外の弁護士事務所では得ることができない丁寧な対応をご評価いただいており、日本のみならず、多くのアメリカ在住の方々にもご利用いただいております。

弁護士申請サポートお申し込みフォーム

お電話によるご相談は03-6416-5662

ページTOPへ

この様なご要望・ご相談にお応えします

  • 信頼できる専門家に安心してすべてを任せたい
  • ビザ申請却下が今後のビザ申請におよぼす影響を考えると、却下のリスクを最小化して一度目の申請でビザを取得したい
  • ビザ却下を受けた為、再申請を行いたい
  • 永住権を獲得してアメリカに移住したい
  • 渡航認証が却下されたため、ビザが必要だ
  • ビザ取得の障害となる問題(入国拒否、オーバーステイなどのビザトラブル、逮捕歴など)を解決したい
  • 海外の弁護士事務所に直接依頼したことがあるが、時差や言葉の問題などで手間がかかり困っている

ページTOPへ

サービス内容

本サービスでは、クライアント様本位のサービスを実現するために、以下の2ステップシステムを採用しております。

弁護士申請サポートでは、ビザ・永住権相談を踏まえ、米国移民弁護士の協力のもと、当事務所がビザ・永住権申請及び申請結果が出るまでフォロー致します。
当事務所は、相談結果を踏まえ、ビザ・永住権申請に向けて必要な書類の収集・作成等を行い、皆様のビザ・永住権申請をサポート致します。
海外にお住まいであってもご利用いただけます。

トータルサポートのサービス内容

● ステップ1:ビザ・永住権相談サービス

ビザ・永住権取得の可能性の診断・分析
弁護士が、あなたのご要望やご状況を総合的に分析し、アメリカビザ・永住権取得の可能性を診断します。
ビザ取得は困難であると判明した場合は、今後クリアするべき問題や、満たすべき条件などを分析いたします。

ビザ申請方針のプランニング
あなた様の目的や状況に最も適したビザの種類や、ビザ申請の方針をプランいたします。
各種ビザトラブル(入国拒否、ビザ申請却下など)をお持ちの場合は、問題の原因を分析し、対策を計画いたします。

日本語でのビザ・永住権相談の結果報告とカウンセリング
ビザ・永住権の相談結果は、当事務所が日本語で報告いたします。
報告の際は、当事務所でのご面談、またはお電話のいずれかをお選びいただけます。

申請方針および費用の提案
ビザ・永住権相談に基づき、ビザ申請の方針および費用を提案させていただきます。

● ステップ2:弁護士申請サポート

ステップ2ではビザ申請、許可請願、免責手続きなどを行います。
内容はクライアント様のご要望・ご状況によって異なりますが、以下は一般的なビザ申請の例です。

  • ビザ申請の準備アドバイス
  • 必要書類の準備と作成
  • 必要書類の確認
  • ビザ申請手続き
  • ビザ・許可を代理受領
  • ビザ・許可取得後の注意点に関するアドバイス

弁護士申請サポートお申し込みフォーム

お電話によるご相談は03-6416-5662

ページTOPへ

サービスの流れ

ステップ1:ビザ・永住権診断(1〜5)

(1)サービス申込み・ビザ・永住権相談料支払
(2)書類一式を送付
  • 相談料のお支払い確認後、分析質問書を含む書類一式をあなた様へお届けします。
    (メールまたは郵送)
(3)質問書に記入・返送
  • 質問書にご記入し(手書きまたはエクセル文書への入力)、当事務所へご返送ください(メールまたは郵送)。
  • 質問書は、弁護士があなた様のご希望(ビザ取得など)やご状況を把握するためのものです。
(4)診断開始
  • 質問書およびその他の必要書類が揃った時点で、弁護士が分析および診断をいたします。
(5)面談(結果報告・カウンセリング)
  • ビザ・永住権相談の結果は、当事務所が日本語で報告いたします。
    報告の際は、当事務所でのご面談、お電話のいずれかをお選びいただけます。
  • ご相談内容に基づき、ビザ申請の方針および費用を提案させていただきます。
  • 質問書をご返送いただいてから結果の報告までの期間は、通常7〜9営業日です。
    大至急のオプションをお選びの場合は、3〜5営業日となります。
結果報告・ご提案
  • 提案にご了承いただけた場合は、弁護士申請サポートの費用をお支払いいただき、ステップ2に進みます。
  • 現時点でのビザ取得は困難であると診断された方は、相談時のアドバイスを参考に障害を解消された後にステップ2にお進みいただけます。
  • 提案にご了承いただけない場合は、ビザ申請手続きに進まずに終了することが可能です。
    − もちろん、ご相談の結果を参考に、ご自分でビザを申請されることも可能です。
  • ※ステップ2に進まれる際は、ステップ1の基本費用が全額返金となります。

ステップ2:ビザ申請準備(6〜11)

ビザ申請、許可請願、免責手続きなどを行います。内容はクライアント様のご要望・ご状況によって異なりますが、以下は一般的なビザ申請の例です。

(6)ビザ申請費用支払い
  • ビザ申請費用をお支払いください。
(7)必要書類の準備と作成
  • 費用のお支払い確認後、各種手続きの準備を開始します。
  • お渡しする提出書類のチェックリストに従い、必要な情報や資料をご収集・作成ください。
  • 必要な書類を準備・作成します(英訳を含む)。
(8)必要書類の確認
  • 弁護士が米国大使館などに提出する必要書類を確認し、あなた様に有利な形に修正します。
(9)申請最終準備
  • 米国大使館での面接などが必要な場合は、面接の設定から対策まで、あなた様をサポートいたします。
(10)ビザ申請
  • 協力移民弁護士が手続き(ビザ申請、許可請願、免責・調査手続きなど)を行います。
(11)ビザ代理受領
  • あなた様に代わってビザや許可証などを受領いたします。
(12)ビザ取得後のケア
  • ビザなど取得後の注意点を案内させていただきます。

弁護士申請サポートお申し込みフォーム

お電話によるご相談は03-6416-5662

ページTOPへ

弁護士紹介

上野 潤 弁護士

上野 潤 弁護士

東京弁護士会所属
北海道大学理学部物理学科卒業
東京大学大学院理学研究科修了
北海道大学法科大学院修了

【主な役職等】
・経営革新等支援機関(平成25年4月〜現在)
・犯罪被害者支援委員会研修員(平成21年4月〜平成22年4月)
・非弁護士取締委員会委員(平成25年4月〜平成27年4月)
・住宅紛争審査会紛争処理委員(平成27年9月〜現在)
・弁護士会の各法律相談等担当(知的財産権・ライセンス契約分野,遺言信託分野,
住宅専門家相談,女性のための法律相談)
・中野商工会議所相談担当
・足立区法律相談担当

米国渡航、ビザ・永住権等の問題はもちろんのこと、日本の各法分野(相続、不動産、知的財産、交通事故等)についても明るい、経験豊富な弁護士。

 

● 協力米国移民弁護士プロフィール

ロバート・T・ミンブ弁護士

ロバート・T・ミンブ弁護士(Robert T. Mimbu, Esq.)

Law Firm of Liebman-Mimbu, PLLC 法律事務所 主席パートナー
University of Puget Sound 卒 法務博士(J.D.)
米国移民弁護士協会(AILA)所属
ワシントン州弁護士協会所属

ロバート・T・ミンブ弁護士は、米国の移民法を専門とする弁護士であり、米国ワシントン州を拠点とする法律事務所のパートナー弁護士として、米国 に進出または移住を希望する企業や個人に法的サービスを提供しています。米国移民弁護士協会、ワシントン州弁護士協会などにも所属し、また各方面で米国移民法の講師としても精力的に活躍しています。

チャールズ・W・プレイ弁護士

チャールズ・W・プレイ弁護士(Charles W. Pley, L.L.B.)

Law office of Charles Pley法律事務所所長
米国移民弁護士協会所属
カナダ弁護士協会所属
前カナダ外交官
カナダ弁護士会会長(1997〜1998年)

カナダ弁護士協会、国際弁護士協会および米国移民弁護士協会のメンバーであり、専門家、企業や法人に対し米国およびカナダ両国の移民に関する法的サービスを行う国際移民弁護士である。現在、移民問題に関する数々の記事を執筆しており、移民政策に関してカナダの上級政府官僚に定期的にアドバイスを行なっている。また、トロントにあるセネカ大学(Seneca College)移民公認プログラムの諮問委員会に属し、移民業務や方法についての講義を行なっている。

ページTOPへ

ビザ申請費用

当事務所では、アメリカ式時間請求制ではなく、固定の定額制システムを採用しています。
ステップごとに事前に提示する費用を上回る金額になる事はございませんので安心してご利用ください。

トータルサポートのご利用費用は以下の表をご覧ください。

  • 表の費用はご参考のための目安です。実際の費用に関しては、ステップ1(ビザ・永住権相談)であなたのご要望と必要な手続きを明確にした上で、正確な金額を提示させて頂きます。
  • ※ 最終的にビザ・永住権申請が却下された場合には、弁護士費用の一部(ケースにより返金率は変わります)をご返金致します

● 基本費用

以下の何づれかに該当する場合は、基本費用を下回る割引ケースとなります。

  • Eビザ、Lビザの取得実績がある企業のE,L申請サポート※前回の申請が成功している
  • 当事務所の申請サービスを過去にご利用された方
  • 年間複数名の申請をされる企業
  • 弁護士顧問サービスをご利用の方
項 目 弁護士費用(税抜) 協力移民弁護士費用
アメリカ:弁護士によるトータルサポート
 Bビザ(短期観光)※誤記入や問題が無いにも関わらず エスタが拒否 130,000円 $0
 Bビザ(短期商用・短期観光) 200,000円 $1070
 Eビザ(貿易駐在員・投資駐在員) 540,000円 $1070
 F・Mビザ(学生・専門学生) 200,000円 $1070
 H-1B(短期就労特殊技能職) 280,000円 $1150
 I ビザ(報道関係者) 280,000円 $1070
 Jビザ(交流訪問者) 200,000円 $1070
 Kビザ(婚約者) 320,000円 $1070
 Lビザ(企業内転勤者) 560,000円 $1150
 Lビザ ブランケット(ブランケット登録済みの場合) 240,000円 $1070
 Pビザ 520,000円 $1150
 Oビザ 570,000円 $1150
 その他ビザ お問合せ下さい
 永住権(結婚、または家族スポンサーによる)  - 移民局および大使館手続き 410,000円 $1070
 永住権(企業スポンサー) 750,000円 $1070
 永住権(投資によるEB-5) 2,200,000円 $9,000〜
 永住権(DV抽選永住権当選者) 200,000円 $1070
 再入国許可書(Reentry Permit) 170,000円 $1070
 ビザトラブルケース(移民局調査) 200,000円 $1070
 ビザトラブルケース(例:Bビザ申請の場合) 410,000円〜 $1070
  • ※上記費用には政府申請費用、翻訳費用、消費税は含まれておりません。
  • ※クライアント様のご状況、手続きの準備作業の内容、手続きの内容などにより、別途費用が必要になる場合があります。
    以下は別途費用が必要になるケースの例です。
    • ビザトラブル(ビザ却下、入国拒否、強制送還、オーバーステイ、不法就労など)がある方
    • 犯罪歴がある方
    • 提出書類の量が通常を上回る場合
    • 裁判所、移民局、国務省、米国のスポンサー、弁護士、計理士など関係機関 と折衝や交渉が必要な場合
    • 判定調査や裁判が必要な場合

弁護士申請サポートお申し込みフォーム

お電話によるご相談は03-6416-5662

ページTOPへ

申込み手続き

お申込みはお電話またはインターネットにて承ります。ご入金を確認後(カードでお支払いの場合は承認後)、質問書を含むご案内一式を送付させていただきます。

● お申込み方法

お電話でのお申込み

03-6416-5662

インターネットでのお申込み

弁護士によるトータルサポートお申込みフォーム

● お支払い方法

クレジットカードまたは銀行振込で承ります。

  • お支払いの前に、お申込みを行ってください。
  • 銀行振込み

    お振込先: 
    三井住友銀行 恵比寿支店 
    普通 8964730
    ベ)イデアパートナーズ法律事務所
    「ベ)イデアパートナーズホウリツジムショ」

    • 振込人名にはご依頼者様のお名前をご記入ください。
    • お振込み手数料はあなた様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
  • クレジットカード
    • JCB、VISA、DC、MASTER、AMEXをご利用いただけます。1回払いのみ承ります。
    • お電話にてカード情報をお伝えください。(03-6416-5662、平日9:00 〜 18:00)

ページTOPへ

ご利用の際の注意

弁護士ビザ申請サポートをお申込みの際には、以下の事項をご了承ください。

  1. 弁護士ビザ申請サポートはビザ取得を保障するものではありません。
  2. ビザ・永住権相談用の質問書をご返送いただいてから結果面談の報告までの期間は、通常7〜9営業日です。大至急のオプションをご利用の場合は、3〜5営業日となります。
  3. ステップ1(ビザ・永住権相談)サービス費用には面談費用も含まれております。遠方の方にはお電話での報告も可能です。
  4. 費用にはビザ申請費用は含まれません。
  5. ビザ・永住権相談の結果は、ご希望に添わない否定的な結果の場合もございます。
  6. ビザ・永住権相談の結果により、その時点ではステップ2(弁護士ビザ申請サポート)のご依頼をお引き受けできない場合もございます。
  7. キャンセルの際は必ずお電話にてご連絡願います。(03-6416-5662、平日9:00 〜18:00)当事務所よりビザ・永住権相談用質問書を受領した後にキャンセルをされる場合は、受領後1週間以内にご連絡をいただき、郵送物が未開封・未記入の場合に限り、サービス費用の90%を返金いたします。メールにて質問書を受領された方は、メール発送時から48時間以内にご連絡下さい。返金は質問書をご返送後の翌月末となりますことをご了承ください。キャンセルの際は振込先銀行名、支店名および口座番号をお知らせ願います。振込手数料はご負担いただきますことをご了承ください。
  8. 実刑まで至った場合のサポートは行っておりません。

弁護士申請サポートお申し込みフォーム

お電話によるご相談は03-6416-5662

ページTOPへ

アメリカビザ・永住権取得支援サイト U.S. VISA

アメリカビザ情報 アメリカビザ申請基礎知識 l アメリカビザ種類と解説 l ビザ却下のリスクとは? l アメリカビザよくある質問 l ビザ解説書ダウンロード移住・永住権(グリーンカード)関連 アメリカ移住・永住の方法 l 5つの永住権取得方法 l EB-5投資永住権プログラム l 永住権よくある質問トラブル関連(ビザ却下・入国拒否・犯罪歴等) トラブルでお困りの方 l 渡航認証拒否 l トラブルよくある質問取扱業務 取扱業務一覧 l ビザ・永住権相談 l 弁護士申請サポート l DV 抽選永住権応募代行 l 無料サービス一覧  l 無料相談・質問 l EB-5永住権・個別相談 l メールニュース l お問い合わせイデア・パートナーズ法律事務所について l ご挨拶 l 弁護士紹介 l 事務所概要 l アクセス l プライバシーポリシーサイトマップ

弁護士法人イデア・パートナーズ法律事務所
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-2-6 エビスファイブビル
Phone:(03)6416-5662 / Fax:(03)6416-5663 / メールはこちら

Copyright (C) イデア・パートナーズ法律事務所. All Rights Reserved.  無断転写・転載を禁じます