イデア・パートナーズ法律事務所
EB-5投資永住権プログラム海外移住

より深い理解と適切な判断を行うために、 まず、弁護士によるビザ・永住権相談をご利用ください。

弁護士による分析・診断サービス

EB-5 プログラム参加資格

  • 最低US$50万ドルの投資が可能な方
  • 永住権取得後において社会保障等を受けることなく充分に生活が出来ることを証明できる方(充分な収入が継続している、あるいは充分な資産が証明できる)
  • 過去20年内に重犯罪の無い方(犯罪の種類により20年経過していても不可能な場合もあります)
  • 人に害を与える伝染性の病気を現在患っていない方

弁護士による法律相談

弁護士がご状況を総合的に分析し、個別アドバイスを行います。

多額の投資を行ったにも拘らず永住権が取得できない事態は、クライアント様にとり最悪のシナリオです。
その様な結果を事前に防ぐ為に当事務所では、正式にEB-5プログラムに参加される前に必ず“弁護士による法律相談”をお受けいただいております。
ご相談では、あなた様の状況及びご要望を弁護士が把握した上で、EB-5プログラムの規定にきちんと法的に満たされているか否かを確認させて頂くサービスです。
また、ご要望を考慮した上で最も適した方法及びプランをご説明させて頂きます。

法律相談終了後、実際の永住権申請手続きをご希望の方には、弁護士申請サポートにて永住権取得までフルサポートさせていただきます。

弁護士のサポートを得てより確実にEB-5プログラム参加を行うことで、申請却下を回避することは、ビザ申請にあたって障害がある方のみでなく、渡米を真剣にお考えの全ての皆様にとって最も有益かつ効率的な方法です。当事務所の法律相談を是非ご利用ください。

弁護士による分析・診断サービス

EB-5 投資永住権プログラムの留意点

EB-5投資永住権プログラムが2017年12月8日までの暫定延長が確定致しました。
2003年9月に施行され、2017年9月30日に投資額を最大135万ドルに引き上げる予定であったEB-5法は、2017年12月8日まで現行の規定(50万ドル)で延長することが確定致しました。

ご注意としまして、2017年12月8日までに法律の延長、改正(投資額の引き上げなど)あるいは終了の決定がございます。この法律が終了した場合は、その後永住権の申請が不可能となりますので、このリスク回避をご希望の方は、お早目に永住権申請手続きを開始されることをお勧めいたします。

 

EB-5投資永住権プログラムに関するご質問は、無料相談無料個別相談をご利用ください。また、EB-5により永住権申請をご希望の場合は、法律相談をお受け頂き、永住権取得の可能性や対策を事前に確認ください。ご相談については、参加方法をご覧ください。

▲PageTop

アメリカビザ・永住権取得支援サイト U.S. VISA

アメリカビザ情報 アメリカビザ申請基礎知識 l アメリカビザ種類と解説 l ビザ却下のリスクとは? l アメリカビザよくある質問 l ビザ解説書ダウンロード移住・永住権(グリーンカード)関連 アメリカ移住・永住の方法 l 5つの永住権取得方法 l EB-5投資永住権プログラム l 永住権よくある質問トラブル関連(ビザ却下・入国拒否・犯罪歴等) トラブルでお困りの方 l 渡航認証拒否 l トラブルよくある質問取扱業務 取扱業務一覧 l ビザ・永住権相談 l 弁護士申請サポート l DV 抽選永住権応募代行 l 無料サービス一覧  l 無料相談・質問 l EB-5永住権・個別相談 l メールニュース l お問い合わせイデア・パートナーズ法律事務所について l ご挨拶 l 弁護士紹介 l 事務所概要 l アクセス l プライバシーポリシーサイトマップ

弁護士法人イデア・パートナーズ法律事務所
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-2-6 エビスファイブビル
Phone:(03)6416-5662 / Fax:(03)6416-5663 / メールはこちら

Copyright (C) イデア・パートナーズ法律事務所. All Rights Reserved.  無断転写・転載を禁じます